③教育関係者の方へ

きゅぽらスポーツコミュニティでは、個人参加型のスポーツ活動だけではなく、小学校・中学校を対象に、スポーツで楽しみながら社会的な学びが得られたり、課題解決型のプログラムを開発、実施しています。
<プログラム例1>
ボールの投げ方教室
投げ方を指導するとともに、ボールを投げる必要感がもてたり、投げることそのものを楽しいと思ってもらえるようプログラムを実施します。
導入機関
川口市立飯仲小学校 / 高田馬場第一児童館 など
詳細はこちら
↓↓部活動連携に関するお問い合わせも歓迎です↓↓
https://www.cupolasports.com/newservice/bukatsu/

<プログラム例2>
◆エコ×スポーツ
◆防災×スポーツ
http://comspo.net/report/bousai

お問い合わせはこちら

※ご依頼やご質問はこちらからお願いします。

 

↓↓学生受け入れにも対応しています↓↓
事例1:川口青少年ボランティアスクールの場合(2013年~夏休みに毎年)
川口市青少年ボランティア育成委員会主催の夏休み期間のボランティア体験です。
実際に中学生に来ていただき、球技大会や運動会のイベントの運営を体験していただきました。
<概要>
●期間:1~2日間
●場所:川口市立並木公民館
●人数:4~5名

事例2:上智大学経済学部川西ゼミの場合
PBL( Problem Based Learning/問題解決型学習)の一環です。
「ゼミの学生が見習コンサルタントとして、3カ月間、当団体の事業について調査分析等を行い事業改善を提案する」という新しい試みに協力しました。ゼミ生には実際に2つのイベントを主体的に実施してもらい、問題点、事業を加速するための提言をしていただきました。
<概要>
●期間:2012年10月より3カ月間
●場所:団体の活動場所
●人数:2名(ゼミ生)

※ご依頼やご質問はこちらからお願いします。

toto_banner きゅぽらスポーツコミュニティの活動は、スポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。